Risk Management    J-Taniguchi 私たちの日本の現在と未来をイノベーション。


by jony7h

先日、53日の憲法記念日に自民党総裁である安倍さんが日本国憲法9条改正についてビデオメッセージを残しましたが、その内容としては「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方」という事を言っていました。

現憲法の9条に触らず、条文の加憲が公明党としての昔からの主張ですが、ここで質問です。

仮に、憲法の9条に3項として自衛隊の存在を書き込むとするなら、2項と矛盾すると誰でも気が付くはずですが、それに関して政権与党の一員である公明党はどう判断するのか、どういう3項の文言であれば良いか考えですか、また具体的な憲法9条全体としての文言をお示し願えませんか?

公明党は憲法改正に関して、加憲と主張して久しいのですが、一度も具体的な文言におけるアイデアである草案を伺ったことはありません。

見識のある人ならば、3項で自衛隊の存在を如何に書き込もうとしても、2項の条文がこのままでは矛盾すると判断します。

勿論、日本国としては現在の自衛隊の存在は、必要不可欠な組織です。

安倍さんも公明党に気を使って条文の加憲のみのイメージをメッセージとして残してしまったのではないのかな?と余計な心配をしています。

何しろ、最近のマスメディアなどは言葉尻だけを切り取ることに長けているのですから・・・。

最後に、公明党に確認します。

現在の憲法9条にどういった文言を書き加えたら良いと、公明党としての考え方と草案としての文言を具体的にお答え願いたい

以上、2017510日、公明党本部へメール送付しました。

さて、マスメディアなどを通じての回答はあるのでしょうか?
因みに2項の主旨とは、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」 とあるが、
この憲法9条2項に対して、少なくとも自衛隊の存在は矛盾しています。また、警察などもその他の戦力と考えれば当てはまるのでないだろうか。
だから、安倍さんはこの矛盾を無くす為に憲法に自衛隊の存在を3項として明記したいと考える訳ですが、2項の条文は改正する必要があります。
そろそろ、全ての日本国民と国会議員達も真剣に前向きに考えるべきです。


[PR]
# by jony7h | 2017-05-10 12:21 | ジョニーの時事提案