人気ブログランキング |

Risk Management    J-Taniguchi 私たちの日本の現在と未来を考え一歩を踏み出そう。


by jony7h

日本政府・外務省の売国行為

東京都の石原知事が、尖閣諸島を東京都が一旦購入して、維持管理の環境保全推進しようとしている事に対し、
ここにきて、政府は尖閣諸島を急いで購入しようとしている。
それも、東京都が調査船と学者等で尖閣諸島の価値を調べる為に海上から調査を始めた矢先だ。

霞ヶ関村とも言える外務省・日本政府はいったい何を考えているんだ・・・。
外国のスパイが外務省にいるのではないか?とも勘繰られる。
いつも外国の圧力ばかりを気にしているようにしか思えない・・・。
日本の領土環境の保全を行うのに、これでは「日本政府は尖閣諸島を領土問題にしたいのか?」とも受け取れる・・・。

政府の考え方は、今までどおり尖閣諸島を何もしない状態にしておく事が中国に対しての気配りらしい。
尖閣諸島には領土問題は無かったはずではないのか?・・・これは、矛盾しているぞ・・・。


一部テレビ・マスコミで、「東京都が行おうとしている尖閣の島に灯台や船着場等を作ると、中国と戦争になる」というバカなコメンテイターもいるが、
中国が日本政府に対して、色々と嫌がらせや脅しをかけてくる事は間違いないだろう。
ただ、中国が本気で戦争なんて仕掛けてくるはずがないし、東アジアの経済とも関係する事なので、そんな事ができない事はわかるだろう。


東京都による今回の海上からの調査だけでも、山羊が草木をかなり食い散らかしてきており、このままでは島の環境が悪化する事が見て取れたということだ。
島の環境が悪化するという事は、海のプランクトンや美しい珊瑚や魚にも影響を与える。


東京都の石原知事達の方が、物事の筋が通っていると良識のある国民は判断しています

トラックバックURL : https://jony7h.exblog.jp/tb/18944429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by jony7h | 2012-09-06 18:16 | 時事の疑問と提案 | Trackback | Comments(0)