人気ブログランキング |

Risk Management    J-Taniguchi 私たちの日本の現在と未来を考え一歩を踏み出そう。


by jony7h

中華人民共和国の心ある人達に伝えたい

中華人民共和国とは、どういう国家なんだ?
先月1 月30日、中国人民解放軍海軍のフリゲート「ジャンウェイII級」から海上 自衛隊の護衛艦「ゆうだち」に対して、射撃用 の火器管制レーダーが照射された。
これは、軍事紛争の取っ掛かりへ繋がっていたかもしれないと日本国内で大問題になっている。
中国政府は、色々と嘘や詭弁を言って、自分達の側を正当化させようとしているが、シビリアンコントロールをしっかりやれ! ! と言いたい。

何故、今回の事件が発生したのか?は皆様ご存知のとおり、中国が尖閣諸島地域を自分達の「核心的利益」つまり、自分の物だと思い込み言い張っている事からです。
この「核心的利益」の考え方の内には、沖縄や日本の本州の一部も入っているので、これは恐怖のストーカー的な考え方とも言える。
もう話にもならないような、このような中国とは北朝鮮と同等の低レベル国家集団と考えて付き合っていくべきであろう。


中国という共産主義国家は、好意的な日本人の考え方では、けっして思い量る事ができません。
相手は犯罪国家である、と思って接するぐらいで丁度いいぐらいです。
とにかく、中国は民主主義国家にならない限りどうにもならないようだ。
現在、中国国内で活動している日本企業と日本人は早々にこんな国から撤退したほうがいいと思います。

日本政府も中国との戦略的互恵関係を呼びかけ、局部紛争を避けようとしている。
しかし、このままの棚上げ状態では数年の間に軍事的事故衝突が、中国側から仕掛けられる可能性がかなり高くなってきているし、日本政府は最悪の事態を考えておく必要があるでしょう・・・。


中華人民共和国の心ある人達に伝えたい。
現在の軍部を文民統制できなくなっている中国共産主義国家が、何ら下層部の民衆に恩恵ももたらしていない現状と世界中をよく見ていただきたい。
外国からは、治外法権により内政干渉ができないので、勇気を持って民主主義国家へと成るべく、国民運動を盛り上げていってほしい。
中華人民共和国のような国土の広大な国家こそ、民主主義国に移行しなければ何時か行き詰まるでしょう。

トラックバックURL : https://jony7h.exblog.jp/tb/19978387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by jony7h | 2013-02-11 11:46 | ジョニーの伝言コラム | Trackback | Comments(0)