人気ブログランキング |

Risk Management    J-Taniguchi 私たちの日本の現在と未来を考え一歩を踏み出そう。


by jony7h

地震保険の控除証明について 

毎年10月に入ってから、保険会社などから生命保険料控除証明書や地震保険料控除証明書が郵送で届きますが、今回は地震保険料控除について説明します。

地震保険料控除の金額は、年間5万円(上限)までは全額が所得からの控除の対象となっています

つまり、火災保険に関して考えれば、大邸宅以外の一般的な自宅の建物・家財の地震保険料は、その全額が所得税からの控除対象となると考えられます。

これは、地震保険には入っておかないと損とも言えます。

災害大国日本では、政府も推奨しているように地震保険は万一の場合の生活の補助となります。

日本国内では、いつでもどこでも大規模地震があってもおかしくないのですから。

ところで、新たに地震保険に加入した場合の地震保険控除証明書は、保険証券と一緒に初年度の地震保険料の控除証明書が同封されています。

次年度以降は、10月に入ってから各保険会社などから自宅に郵送されます。


会社での年末調整か個人事業における確定申告において控除証明書を提出するわけですが、

例えば、地震保険の新規加入時期が遅くて、地震保険控除証明書がまだ手元に届かず会社の年末調整提出に間に合わない場合は、その年に支払う地震保険の証明金額(上記、上限額を参照)はいくらかを確認し、その金額を申告書に書いて、会社担当者に「控除証明書は、届き次第提出します」と伝えればいいはずで、遅くとも控除証明書は次年の1月末日までに提出すれば問題ないと思われます。


トラックバックURL : https://jony7h.exblog.jp/tb/28851424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by jony7h | 2018-11-15 08:10 | リスクマネジメント | Trackback | Comments(0)