人気ブログランキング |

Risk Management    J-Taniguchi 私たちの日本の現在と未来を考え一歩を踏み出そう。


by jony7h

憲法審査会での国会議員たちに問う

201811月臨時国会での憲法審査会に野党の立憲民主党が不参加とのこと。

不参加理由は、外国人受入れ制度の議論もあり時間がとれないという言い訳だが、それほど立憲民主党では発言に責任を持てない無駄な国会議員が多いということなのか?誰かいるだろう。

野党第一党の立憲民主党が他の野党を引張っていかなくてどうする。

だから野党はダメなんだ、と国民は思っていることに気が付かないのか?

今回、自民党の憲法改正4項目とは

  1. 自衛隊の明記

  2. 緊急事態対応

  3. 参議院の合区解消

  4. 教育の充実   と、なっている

一番の案件となっている憲法に自衛隊を明記することについて、自民党案では現在の憲法9条の12項はそのままで、第9条の2で以下のような文言を追記するというもの。

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

第9条の2 前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。

2 自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。

憲法改正には、国民投票があるので、憲法改正の文章の中身について国民が理解できる文言かどうか、しっかり議論して文言の修正があれば提案するべきだろう、その為の国会議員であるべきです。


トラックバックURL : https://jony7h.exblog.jp/tb/28869317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by jony7h | 2018-11-22 08:30 | 時事の疑問と提案(憲法改正) | Trackback | Comments(0)