人気ブログランキング |

Risk Management    J-Taniguchi 私たちの日本の現在と未来を考え一歩を踏み出そう。


by jony7h

<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

中国事情、上海旅行にて

b0247828_14062749.jpg

先日、約20年ぶりに中国・上海に行ってきました。

外灘(ワイタン)から黄浦江(ファンプージャン)という河川を挟んだ上海で有名なテレビ塔(東方明珠電視塔)が見える浦東(プードン)エリアは、上海の一番の観光スポットです。

テレビ塔周辺では、銀行・証券会社・保険会社などの超高層ビルが建ち並び、20年前とは全く風景が異なっていました。

浦東(プードン)エリアのめざましい開発ぶりは、実際に現地に行ってみないと分からなかった事が多く、行ってみて良かったと感じました。

20年前、テレビ塔の周辺は、空地と工事中が多く、対岸の外灘からの夜間ライトアップもそれ程ではありませんでしたが、今回見事な超高層ビル群とテレビ塔がライトアップされ、きらびやかさをナイトクルージングでも堪能できました。

●参考までに、写真はテレビ棟と上海中心ビル(2018年現在・高さ世界2位)の左横は上海ワールドフィナンシャルセンター・森ビル(栓抜きのような形をしたビル)



b0247828_13481182.jpg

今回の旅行で発見した事、街中で一番注意しなければならないのは自動車よりも電動バイクです。

音も無く後方から、私たちが歩行中も突然横を通り過ぎていましたので、歩行進行方向を少し変える場合は、後ろを見て安全確認して歩いていました。

無音で夜間のライト点灯もしていない電動バイクがほとんどで、事故が多いので中国国内でも問題になっているらしい。

中国国家が、これからどういう安全対策をしていくか?が課題です。

いずれ、日本のテレビ局の情報番組でも取り上げられることでしょう。

また、日本国内でもスピードのでる電動自転車などを含め自転車事故も多くなっているので、より具体的な行政の安全対策も求められます。

昨年2017年、日本のテレビで中国が電気自動車を開発していくので、バッテリー交換をスタンドで機械交換していく様子が映されていましたが、都市部には現在無く、まだ急速に普及していく様子とは思えませんでしたので、電気自動車普及に5年~10年以上はかかると思いました。


上海は、何処も条例で禁煙と旅行ガイド本には書いてあったが、一応のことで実態は所々の路上で喫煙している人が観うけられましたので何か安心しました。個人で喫煙するタバコは大気中で希釈されます。勿論、路上清掃の仕事をする人もいました。

人の心と趣味・嗜好を条例で縛ることは愚かなことで、基本的人権の観点からも日本国内の政治行政も考えるべきではないだろうか。

また、日本の厚労省などが世界基準とは異なる事を日本社会で教えている事も多々あり、それを日本人は信じています。

日本人は、与えられたことを順守することは良いとしているが、自分で考える事を一人一人がより深く判断し決断することが求められる時代ではないでしょうか。


by jony7h | 2018-01-19 20:00 | 旅・エッセー等 | Trackback | Comments(0)